バイアグラの事ならココ

薬局や市販でバイアグラが販売されていない理由とは?

サイトメインイメージ

バイアグラと薬局

バイアグラが薬局で販売されない理由バイアグラは薬局で販売することはできず、今後も承認されるという話は聞かれていません。薬局で未認証となっている理由は、処方してよいかの判断が難しいからです。医師の処方薬というのは、第一類医薬品と比べても副作用が強くなっています。

服用できる人・できない人がはっきりとわかれますから、もし服用できない人が服用すると重大なトラブルにつながる可能性があります。

併用禁忌薬も設定されていますから、医療機関で医師の診断を受けてから処方してもらうのが基本です。ED治療薬においても、人によって服用できる薬・できない薬は変わってきます。

医療機関以外でバイアグラを入手する方法は、現在において個人輸入だけです。個人輸入とは個人で自己責任のもとに取り寄せる方法であり、合法的に認められています。

医療機関を通さずに購入するので偽物に遭遇してしまう可能性はありますが、安全な業者だけを利用すれば問題ありません。ただし、バイアグラを服用したことのない方だと、そもそも服用可能なのか自己判断することはできません。最近まで医療機関で処方を受けていたという方なら、個人輸入は安心です。

服用した経験があるならば、どのような効果・効能・副作用があるか把握できているでしょう。これらを把握していれば、個人輸入で購入・服用したときに本物かどうかの判断ができるはずです。

ED治療薬によって併用禁忌薬は異なってきますから、レビトラとシアリスしか服用したことがない方ならば、バイアグラを個人輸入で購入するのは避けるべきでしょう。

個人輸入は医師の診断・アドバイスなどなしで購入できるため、自分で安全だと思われる薬だけを取り寄せるようにしてください。個人輸入代行業者はあくまでも薬販売の仲介をするだけですから、ED治療薬に関する質問をしても回答は得られません。あくまで自己判断での購入になりますから、EDが疑われる場合は一度クリニックで検査を受けてみるといいでしょう。

原因によって最適な薬は変わってきますし、精神的な問題によって立たない場合は精神安定剤を服用したほうがいいこともあります。EDは肉体的な原因よりも、メンタルに関連する部分のほうが大きいのです。

日常的に悩みごと・不安などがあると立ちにくくなるので、心身を安定させてくれる薬やサプリと併用したほうがいい場合もあります。個人輸入では海外のサプリも販売しており、バイアグラと併用している方も大勢います。