バイアグラの事ならココ

バイアグラを処方して貰った時の治療の流れを説明しています。

サイトメインイメージ

バイアグラ処方の流れ

バイアグラを処方する治療の流れ夜の生活で思うように勃起しない、行為が上手くできずに悩んでいる男性であれば、病院で治療を受けましょう。

勃起不全治療やED治療などの言葉で知られている症状で、割と多くの男性が悩んでいることですから、恐れずに通院することをおすすめします。

病院では勃起不全にとても高い効果を発揮してくれる、バイアグラを処方してもらえます。治療の流れですが、初診であれば受付でED治療を受ける旨を伝えてください。

恥ずかしい場合には、気になる症状があるので医者に直接話をしたいといった内容で伝えても良いでしょう。この点は病院によって対応が違います。心配であれば、ED治療に力を入れている男性スタッフだけの病院を選べば、配慮が行き届いているため安心です。

最初に問診票に記入をします。現在、他の病気の治療中で薬を服用しているなら、そのことについてもきちんと伝えます。実際に薬があれば医者が直ちに判断できますから、出来る限り持参するようにしましょう。

基本的にED治療は保険診療外の治療に該当しますので、保険証を持参する必要はありません。但し、他の病気が潜んでいる可能性もありますから、一応持参するのが良いといえます。

診察室では医者の質問に答えたり悩みを打ち明けるなどしてから、必要に応じて検査を行います。血圧や脈拍、血液の検査などです。あまり時間がかかることはなく、短時間で終わることが多くなっています。性器を直接確認することはありません。

衣服を脱がずにそのままの状態で、問診や検査を受けられます。診断結果が出てEDであれば、バイアグラを処方してくれます。場合によっては他の同じような薬が処方される例もありますので、気になるなら医者に話を聞いてみましょう。院内、もしくは院外の薬局で薬を渡してくれます。

その際には服用に関する注意点の説明がありますので、きちんと話を覚えておいてください。診察費用や検査費用、薬代などを支払えば終了です。

保険診療外ですので100%自費で支払うようになります。バイアグラの場合だと薬代として1錠で1400円前後するのが一般的です。現在では日本の製薬会社からジェネリック医薬品も販売されており、病院で処方してもらえるようになっています。ジェネリック医薬品であれば、1錠で650円から1000円くらいです。

薬がなくなったら、再び病院に訪れて薬を処方してもらいます。初診よりも薬を受け取るまでが早く、すぐに帰宅できることが殆どです。